VBP的臨床推論

価値に基づいた診療(Values Based Practice: VBP)を学ぶ

御礼:第5回VBPワークショップのご報告

去る7/22(土)に第5回VBP実践ワークショップが開催いたしました。

今回は、①模擬多職種カンファランスの事例を新たなものを使用し、②高齢者における意思決定に向けたSwiss Cheeseモデルを導入、③そして、何と言っても模擬患者さんに登場いただき、模擬家族カンファランスを実施した点でバージョンアップされました。

医師・薬剤師・看護師・理学療法士などバラエティーに富んだ職種の皆様にご参加いただき、下記の目標とコンテンツで開催しました。 

ワークショップの目標

  1. 価値の多様性を理解できる
  2. 患者の価値を引き出すスキル(ICE-StAR)の重要性を知る
  3. VBPにおける多職種での議論が有用であると知る

コンテンツ

レクチャー「価値に基づく医療の概要と10のプロセス」 

模擬多職種カンファレンス

レクチャー「ICE-StARとVBPにおける臨床推論」

模擬家族多職種カンファレンス with 模擬患者さん

振返り

FB pageでWSの様子をご覧いただけます。

 

参加者の皆様のご感想

「他職種模擬カンファレンスを体験でき、各職種の意見の違いを実感できた。」

「シナリオが作りこまれていて面白かった。実際に腹に抱えているのに言わなかったりしている現実に近かった。」

「多職種間のディスセンサスについて理解できた」

 

 

積極的なご参加、ご議論を頂くともにWSに高い評価も頂き主催者も大変嬉しく思っております。今回は新しい事例を用いて模擬多職種カンファレンス実施致しました。今回得られた改善点をもとにさらにバージョンアップしていきたいと思っております。次回は11月18日(土)東大本郷キャンパス内での開催を予定しておりますので、またこちらでご案内致します。

今後も、価値に基づく診療を皆様と一緒に学んでいければと思っております。

第5回 価値に基づく診療実践ワークショップ予告編

7月22(土)に迫りましたVBPワークショップの予告編です。
ワークショップの目標とスケジュールは以下のとおりです。

ワークショップの目標

  1. VBPの10のプロセスを理解する
  2. 価値の多様性を理解できる
  3. 患者の価値を引き出すスキル(ICE-StAR)の重要性を知る
  4. VBPにおける多職種での議論が有用であると知る 

スケジュール

14:00 -14:05    開会

14:05 -14:25 レクチャー「価値に基づく医療1」 

14:25 -14:40    アイスブレーク(価値への気づき)

14:40 -15:10   模擬多職種カンファ(前半)

15:10 -15:20   休憩

15:20 -15:35   レクチャー「価値に基づく医療2」

15:35 -16:25   模擬多職種カンファ(後半)

16:25 -16:45 レクチャー「価値に基づく医療3」と振り返り

16:45 - 17:00   質疑・閉会

 

WSで使われるレクチャースライドの一部をご紹介します。

ICE-StARは、VBPの根幹となる重要なツールです。

WSでは、レクチャーの後に、模擬多職種カンファを通じて患者のICE-StARを情報収集し、それをもとに多職種間でのディスセンサスにつなげるというVBPのプロセスを体感頂きます。

f:id:VBP:20170712170538j:plain

f:id:VBP:20170712170600j:plain

  • 日時

平成29年7月22日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)

  • 会場 

東京大学本郷キャンパス)医学部教育研究棟13階 第8セミナー室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html

  • 募集人数

医師・歯科医師の方 4名(8名まで増員可)

医師・歯科医師以外の医療福祉系専門職の方 16名

  • 参加費

無料

  • 参加登録

参加をご希望の方は、メールで、

 nomura5597@gmail.comまで、以下をご記入の上お申込みください。

  1. ご氏名(ふりがな)
  2. ご所属
  3. 専門分野
  4. 卒後年数
  5. メールアドレス

【主催・連絡先】

東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター

〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 医学部 総合中央館 2F

電話:03-5841-3534(担当:野村・大西)

E-mail: nomura5597@gmail.com

再掲:第5回 価値に基づく診療実践ワークショップ参加者募集のご案内

第5回となりました VBPワークショップのご案内です。今回は、多職種連携の重要性や難しさを理解していただくために、新たなシナリオを開発中です。また、ディスセンサスについての学びを深めるために、模擬患者さんにも登場いただきます。充実のワークショップを無料でお楽しみいただけますので、お誘いあわせの上、皆様ご参加ください!

  • 日時

平成29年7月22日(土)14:00~17:00(13:30受付開始)

  • 会場 

東京大学本郷キャンパス)医学部教育研究棟13階 第8セミナー室

http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html

  • 募集人数

医師・歯科医師の方 4名(8名まで増員可)

医師・歯科医師以外の医療福祉系専門職の方 16名

  • 参加費

無料

  • 概 要

 VBP(values-based practice:価値に基づく診療)は、患者医師関係において行われる臨床上の意思決定を改善する方法論です。

 EBMを重要なパートナーとしながら、NBM、臨床倫理やプロフェッショナリズムといった分野を包含します。またコミュニケーション技法を重要なスキルとして、治療やマネジメントに関する臨床推論にも適応可能とされています。 

 このワークショップは、参加者の皆様がVBPの10のプロセスを習得し、明日からの実臨床に応用できることを目標として企画されています。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

  • オーガナイザー

東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター 講師 大西弘高

東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター 客員研究員 野村理

熊本保健科学大学 保健科学部 リハビリテーション学科 教授 山野克明

東京女子医科大学八千代医療センター リハビリテーション室 室長 薄直宏

  • 参加登録

参加をご希望の方は、メールで、

 nomura5597@gmail.comまで、以下をご記入の上お申込みください。

  1. ご氏名(ふりがな)
  2. ご所属
  3. 専門分野
  4. 卒後年数
  5. メールアドレス
  • 参考学習資料

ブログ:VBP的診療推論. http://vbp.hatenablog.com

Facebook page : https://www.facebook.com/VBPed/

書籍:大西弘高, 尾藤誠司. 価値に基づく診療 VBP実践のための10のプロセス. MEDSI.

  • 書籍の購入は必須ではありませんが、お持ちの場合はご持参ください。
  • ブログはご受講前にご覧ください。

【主催・連絡先】

東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター

〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 医学部 総合中央館 2F

電話:03-5841-3534(担当:野村・大西)

E-mail: nomura5597@gmail.com